巨大イカの死骸漂着 ダイオウイカか 新潟

巨大イカの死骸漂着 ダイオウイカか 新潟

最新ニュース

巨大イカの死骸漂着 ダイオウイカか 新潟

< 2010年2月20日 21:01 >


 新潟市の海岸で20日、全長3メートル40センチ、体重109キロのイカが漂着しているのが見つかった。世界最大級のイカの「ダイオウイカ」とみられている。

 イカは、新潟市西区五十嵐の海岸で、死んだ状態で打ち上がっているのが見つかった。大きさや体の特徴などから、ダイオウイカの可能性があるとみて、新潟市水族館「マリンピア日本海」が確認をしている。

 ダイオウイカは、日本では小笠原諸島などの海中深くに生息すると言われているが、生態はよくわかっていない。マリンピア日本海の担当者は、「これまでに佐渡などで漂着した記録はあるが、県内では非常に珍しい」と話している。

【関連記事】
2009.12.19 00:12
日本海側を中心に大雪、新潟市で45センチ
2009.10.08 14:36
青森県のリンゴ 台風18号接近の影響は
2009.09.08 21:38
イカのつかみ取りで子供たち大喜び 宮城
2009.02.13 00:15
北陸新幹線の地元負担増、新潟県が拒否
2008.12.05 14:20
試験放鳥されたトキ、新潟市で確認される

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告