スマートフォンの日本語アプリにウイルス

スマートフォンの日本語アプリにウイルス

最新ニュース

スマートフォンの日本語アプリにウイルス

< 2011年5月17日 18:46 >
ブックマーク この記事をはてなブックマークに追加 この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をBuzzurlに登録 この記事をlivedoorクリップに登録 この記事をdel.icio.usに登録 この記事をtwitterでつぶやく

 スマートフォンで使う日本語のアプリケーションで、初めてコンピューターウイルスが確認された。

 セキュリティー会社「シマンテック」によると、ウイルスが仕込まれていたのは、「アンドロイド」という基本ソフトに対応する日本語アプリケーション「いっしょにとれーにんぐ」の海賊版。このウイルスは、感染すると、他人の遠隔操作で勝手にメールを送れたり、インターネットに接続ができたりする仕組みになっているという。

 日本語のアプリケーションにウイルスが仕込まれているのがわかったのは初めてで、シマンテックは、ウイルス対策ソフトの導入などを呼びかけている。

注目ワード
シマンテック ウイルス対策ソフト 遠隔操作 日本語アプリケーション セキュリティー会社

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2011.02.28 20:17
KDDI 高速スマートフォンを発表
2011.02.24 16:56
ドコモ、新スマートフォンなど3機種を発表
2011.02.03 23:51
携帯大手3社決算、スマートフォンで明暗
2011.01.20 02:21
福島の鳥インフル、ウイルスは強毒性と判明
2010.11.26 16:11
KDDI、スマートフォンの新機種発売

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告