長谷部優、舞台「嫌われ松子~」のドロドロ感をPR

2010年4月16日 21:46

女優の長谷部優、EXILEのKEIJIが出演する舞台「嫌われ松子の一生」(17日~28日)の公開けいこが16日、東京・青山円形劇場で行われた。長谷部は舞台を「原作よりもどろっとしたストーリー」とPR。

記事全文

女優の長谷部優(24)、EXILEのKEIJI(30)が出演する舞台「嫌われ松子の一生」(17日~28日)の公開けいこが16日、東京・青山円形劇場で行われた。作家の山田宗樹氏の同名小説を舞台化した作品で、長谷部は愛に生きる主人公・松子を演じる。「役をやると聞いたときは、プレッシャーと怖さがありました」と告白。「原作よりもどろっとしたストーリーになっています。舞台の独特の世界観を楽しんでいただければと思います」とPRした。小説家を目指す男、八女川徹也役のKEIJIは「有名な作品に携われてうれしいです。ダメ男が出てくるので、そこも見どころです。映画、ドラマと違った生の舞台を、皆さん見に来てください」と語った。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら