緊急入院都はるみ、現在声が出せない状態

2013年2月8日 18:32

記事全文

 急性咽頭炎及び急性気管支炎のために入院していることが明らかになった歌手の都はるみ(64)と所属するサンミュージックプロダクションが8日、文書でコメントを発表した。

 所属事務所は、ここ数日、本人からのどに違和感があるとの申し出があったため診察を受けたところ、1週間程度の入院加療が必要と診断されたと説明。万全を期すために入院を決断したという。

 はるみは「このたびはご心配をお掛けし申し訳ございません。現在声が出せない状態にあり、1日でも早く完治するため1週間ほどお休みをさせていただくことになってしまいました。すぐ、元気になって戻って来ますので、ご心配をなさらないでください」とコメント。

 所属事務所も「関係各位におかれましては大変なご迷惑とファンの皆様にはご心配をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。申し訳ございません」と謝罪した。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら